第1段階店選び

皆さんはモテますか?

僕は・・・どですかね?よくわかりません。でも昔よりははるかに女性と接する機会は増えました。

昔は見た目が悪いし。面白いところ知らないし。相手が興味を持つところなんてないし。

と、常にネガティブに考えていました。

しかし、年を重ね、経験が増え、遊び方を覚えていくとだんだんと考えが変わってきました。

顔で判断する女性は極一部です。

殆どの女性は顔より雰囲気や気遣い、知識に興味を示します。

話を聞いてみると一時的に顔で男を選んでも、顔が良い男は何もしなくても女が寄ってくるので気遣いが出来ない人や、正確がよろしくない人が多いそうです。

それよりも話が楽しい人、一緒にいてわくわくする人に興味がわくそうです。

凄く重要な事として清潔感。洋服、パンツ、靴全て清潔感のあるものにしましょう。

しばらく洗ってないジーパンや変な臭いのするトップス等はダメです。

軽く香水をふっていくのもいいでしょう。

外見は最低ラインを超えていればよくて、大事なのは気遣い、話術、情報量、明るさといった所なのです。

ここらへんを理解していけば自然と女性と接する機会が増えていくと思います。

まず最低ライン必要な知識に関してです。

まずは飲食店!!

食事は普通の女性があまりいかないようなところや穴場を複数おさえておく事が重要です。

テレビや雑誌に載ってるような所ではなく、自分で色々なお店に入り、自分の感性にあったお店を探しておく事が大事です。

和食・イタリアン・焼肉・中華・鮨・てんぷら等でそれぞれ雰囲気の良いor美味しいお店を覚えておきましょう。

そして店長や店主、ホール責任者等の方と仲良くなります。

「この料理美味しいですねー」「こちらのお店はいつからやってるんですか?」「今日は本当に楽しかったです。またきます!」等の会話をして印象付けておくことが大事です。

女性とお店に行った時にちょっと高級そうなお店の店主さんから「どーもー!」なんて言って貰えれば女性は内心「おお!すげえ!!」と思うはずです。

常に良い客としてその店を利用しておけば、裏メニューや試作品、特別メニューが出てくる事もあります。

「これ食べてみて。」「次商品化しようと思ってるんだけど味見お願い。」なんて言って貰える事があります。

食事

これで女性は貴方に対する関心度は高まっていきます。

この時絶対にしていけないのは自慢話です。

「俺と一緒だとこんなの出てくるんだよー。」「こんなの食べた事ないでしょ?」

「俺はいつも特別扱いなんだー。」

こんなセリフは女性も店主さんも「なんだ?こいつ。」と不快感に覆われるだけです。

さて、次は飲食店での気遣いから考えていきましょう!